[NIKKEYSHIMBUN] 「彼らは反戦のシンボル」=気鋭の韓国人映画監督=元捕虜の移住者映し出す

nikkey0518 main

18 May 2013

朝鮮戦争の北朝鮮軍元兵士で捕虜となり、戦争後ブラジルに渡ったいわゆる「帰順兵」のドキュメンタリー映画を撮るため、当地を訪れている韓国人映画監督チョー・キョンドク(Kyeong-Duk Cho)さん。ソウル市生まれの39歳。自身の初の長編作品「セックス・ボランティア」で、2009年の第33回サンパウロ国際映画祭の審査員賞フィクション部門を受賞した気鋭の監督だ。次回作では今もブラジルに生きる朝鮮戦争の〃生き証人〃の姿をとらえ、平和の重要性を訴えかけていく。

More contents

Main screen: http://www.nikkeyshimbun.com.br/2013/130518-index.html

Article screen: http://www.nikkeyshimbun.com.br/nikkey/html/show/130518-71colonia.html

Advertisements